外国人旅行者が日本に旅行する前に知っておくべきこと

旅行に行く前に、行先に関する情報を入手しておくことはとても大切です。旅行会社の手配旅行であっても、フリーで行く場合でも、その国の基本的なことは知っておいた方がいいでしょう。

日本に関して言えば、豊かな歴史と文化があり、経済的に世界で最も重要な国の一つであることは紛れもない事実です。とは言っても、日本に関するすべての情報を得ることはまず不可能なので、知っておいた方がいい事実のみに目を通しておくと良いでしょう。日本はヨーロッパやアメリカとは文化的に大きく異なるため、旅先で遭遇する可能性のある状況に(もちろん良い意味で)備えなければなりません。それぞれの国の文化や人の習慣は特別であり、国が変われば、文化や人も異なるものなのです。

日本へ旅行する前に知っておきたい10のこと

  • 英語の翻訳があるとは限らない  – 日本にある人気観光地以外の町では、レストランのメニューが日本語のみである場合が多いので覚悟しておきましょう。
  • 治安が非常に良い日本といえば、まず治安の良さを思い浮かべるのではないでしょうか。日本は世界で最も安全な国の一つであることは、多くのランキングや観光客を対象とした調査で明らかになっています。しかし、犯罪がないわけではありません。辺鄙な場所には一人で行かないことです。世界のどこでもそうですが、警戒心を忘れないように気をつけましょう。
  • 現金主義日本では現金払いが主流なので、十分な現金を持っていきましょう。現金しか利用できないレストランやお店も多いです。お店に入る前に、財布の中にどれほど現金が入っているか確認しておきましょう。
  • 重要な単語やフレーズを学ぶ「ありがとうございます」「お願いします」「すみません」など、日本語の表現をいくつか覚えておくといいでしょう。日本では、マナーが非常に重視されます。
  • チップは必要ない  – 日本のサービススタッフ(特にホテルやレストラン)は、十分な賃金を得ており、チップを受け取る習慣がないため、チップを残さなくても気まずく思う必要はありません。
  • 公共の場では静かに日本では、声の大きさや会話の内容に気を付けましょう。誰かと話すときには、周りの迷惑にならないよう声のトーンや大きさに注意しましょう
  • ほとんどのレストランでは喫煙可。ただし喫煙所は屋外に –  日本ではどのレストランにも喫煙エリアがあり、特に居酒屋では普通となっています。
  • 桜の季節はホテルの料金が高い日本の桜は誰もが知るところです。この時期はホテルの需要が高くなるため、価格が高くなりますのでご注意ください。飛行機、ホテル、その他のサービスは早めに予約しましょう。
  • 日本の電車は24時間運転ではないおそらくご存知なかったと思いますが、日本の地下鉄は24時間運転ではありません。よく整備され、活気が溢れる国として考えられているにもかかわらず、非常に驚くべき事実です。
  • 靴を履いたままでいるのが失礼にあたることも誰かの家に入るときには、必ず靴を抜いて上がってください。そうしないと失礼にあたります。屋内施設に入る際には、靴に関する決まりを確認しましょう。